2013
2
10
コピーしたデータを複数記憶できる「B2 MultiClip」

ネットビジネスを実践していると特に強く感じると思いますが、
色々なサイトのパスワードやユーザー名をいちいちコピペしたり、
複数のメールアドレスを毎回コピペするのは面倒ですよね?

このアドレスはここからコピー、こっちのアドレスはあっちからコピー…

こんな事を繰り返していてはいつまでも作業が進まないですし、
あまりにも作業効率が悪すぎると言えます。

そこで、今回は複数のデータをコピーし続けることが可能なツール、
B2 MultiClip」の使い方や活用方法についてお話をしていきます。

B2 MultiClipの使い方


まずはB2 MultiClipをダウンロードします。

インストール等面倒な作業は一切必要ないツールなので、
ダウンロードしたらすぐに起動して頻繁に利用するデータを登録しましょう。

登録に対して特別な手順は必要なくて、
目的の文字列をコピーすれば自動的に登録されていきます。



あと上記の画像を見てもらえばわかりますが、
各データの右隣にはカギのようなマークが有り、
これを押すとそのデータが保存対象になります。

つまり、電源を落とそうがどれだけ他のデータをコピーしようが、
カギを付けたデータだけは保持され続けるということですね。


ちなみにB2 MultiClipを起動している間はクリップボードが表示されるので、
パソコンを操作していく上で結構邪魔な存在になります。

ですが、画面の上など画面端にクリップボードを移動することによって、
マウスを乗せた時以外はコンパクトに折り畳まれる
ので、
普通にパソコンを使う分には全く邪魔になりません。


B2 MultiClipの活用方法


コピーするデータの大きさに制限は無いので、
かなり長い文字列を保存することもできます。

つまり使い方はいくらでも工夫することが出来るので、
賢い人ほどこのツールを有効活用することが可能です。

ちなみに僕が使用している例をいくつか挙げておくと、
下記のようなデータを保存しておくと本当に便利ですね。

メールアドレス

メールアドレスはASP始め色々なサイトの登録に欠かせないですし、
無料オファーなどに登録する場合は捨てアドも必要になります。

なので普段から頻繁に入力する機会の多いメールアドレスを登録しておけば、
大きく作業性の改善を図ることが出来る
訳ですね。


ブログに記事を書く際に必要なHTMLタグ

僕のこのブログを見てもらえれば分かりますが、
使用している記事のサイズはほぼ同じですよね。

でもいちいち画像を使う度に面倒なことをしたくないので、
画像のURLさえ入力すれば機能するようなタグを最初からコピーしておき、
作業時間の短縮を図るわけです。



僕にとってはB2 MultiClipは必須とも言えるツールであり、
これが無ければ作業性が大きく落ちることは間違いありません。

非常に有益なツールですので、ぜひ導入を検討してみてください。

他にも僕が使用しているツールを知りたい場合は、
こちらからお役立ちツール一覧をチェックしてみましょう。
なるひこがネットビジネスで使用しているツール・ソフト一覧

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ