2013
2
08
パンダ・ペンギンアップデートにかかったか確認チェックできるツール

アフィリエイターにとって深刻な問題なのが
パンダアップデートとペンギンアップデートによる影響。

サイトを飛ばされてしまったらアフィリエイトによる報酬は入ってこないし、
これの導入によって収入が一瞬にして半分になってしまうような人もいます。

だからこそ、この2つは日頃から対策を行うのはもちろんのこと、
自分のサイトが本当にペナルティーを受けていないか
確認をする必要があるわけですね。

パンギンというツールを使えばチェックができますので、
その使い方を簡単に説明して行きましょう。

パンギンとはどんなツール?


パンギンはパンダアップデートとペンギンアップデートが
発生した時期と、自分のサイトのアクセス数の増減を
比較することのできるツールです。

つまり、自分のサイトのアクセスが急激に落ちた時と、
アップデートの時期が重なってしまっている場合は、
ペナルティーを受けている可能性が高いということですね。

ただし、細かい部分まで分かるわけではないですし、
過度な期待をしすぎるのは禁物です。


あと注意点としては、
グーグルアナリティクスに登録をしていないと
使用することが出来ないという点ですね。

アナリティクスは非常に高機能で優秀なツールなので、
今まで導入していなかった人は入れておいたほうが良いですよ。



パンギンとの使い方と見方


まずは下の画像の赤枠通りに順番に進んでいきます。






で、最終的にこのような画面が表示されるのですが、
これがパンダ・ペンギンアップデートを受けているか
見極めるためのグラフになります。



とりあえず簡単に覚えておいて欲しいのが、
赤の縦線:パンダアップデート
青の縦線:ペンギンアップデート


ということです。


サイトにアクセスが有る前からこの赤線や青線が表示されていますが、
これはアップデートが行われた時期を示しているだけであり、
ペナルティーを受けたという証拠ではありません。

このツールで確認することができるのは、
あくまで「アクセスの減った時期」と
「それに重なるアップデートの有無」だけです。



ちなみに今回パンギンの例として出しているグラフは
トレンドサイトのものなので、もともとアクセス数が不安定なため、
ペナルティーを受けたという確証は持ちにくいです。

特定のキーワードだけで上位表示を狙うようなサイトであれば、
パンダ等に引っかかると更に直角にアクセスが下がるので、
今回の例よりはもっとわかりやすいでしょう。

まあいずれにしても、2つのペナルティーを受けないために、
日頃から中身のあるサイト作りを意識していくことが大切だということです。


パンダアップデートペンギンアップデート
それぞれのページを御覧ください。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ