2013
2
07
アドセンス広告が表示されない5つの原因と理由

アドセンスはアフィリエイト初心者にも非常に稼ぎやすく、
ネットビジネス初心者には非常にオススメの広告です。

ですが、慣れないうちはアドセンス広告が
表示されないことに悩むことも多く、
原因も理由もわからないまま時間を浪費することもしばしば…

なので、アドセンスが表示されない理由について、
代表的なものを5つまとめてみました!

■広告のユニット数が多い

アドセンス広告は何個でも表示して良いわけではなく、
表示できるリンクユニットの数が決められています。

具体的には、

広告ユニット:3個
リンクユニット:3個
検索ユニット:2個


です。


これを超える数のアドセンスユニットを
表示しようとしてもただの空欄になってしまいますし、
何よりこれは規約違反になります。

まあこれでアドセンス停止を食らうようなことは無いかもしれませんが、
くれぐれも広告の数をしっかりと守って
サイトから収益を確保していくようにしましょう。



■コードを追加したばかり

アドセンス管理画面で新しくコードを生成し、
それをいきなりブログに貼り付けてもしばらく広告は表示されません。

コードを生成してから少し時間が経たないと(30分くらい?)
ブログの方では空白のスペースしか表示されないのです。

初心者の人はアドセンス広告が表示されないと思って、
一生懸命色々な方法をこの間に試してしまうのですが、
実際には待っているだけで表示されるということですね。


■JavaScript が無効になっている

JavaScript とはプログラミング言語の種類のことなのですが、
これが無効になっているとアドセンス広告は表示されなくなってしまいます。

自分のパソコンのJavaScript が無効になっていて、
他人から見れば普通にアドセンス広告が表示されているのに、
自分から見れば表示されないため一生懸命対策を考えたり…

これも不毛な努力にしかならないので、
アドセンスはJavaScript を有効にしないと
表示されないということを覚えておきましょう。


■成人向け、反社会的ワードが含まれている

これは結構やってしまう人が多いかもしれないですね。
まあ俗に言う「大人の言葉」ってやつです。

そういうワードが入っている記事は、
アドセンス広告がピンポイントで表示されなくなります。

部分的に表示されなくなるので、
ブログの持ち主も気づかないことが多かったり、
逆に原因がわからなくて軽いパニックになる人もいます。


アドセンスを使うとどうしても
過激な言葉などを使うことはできなくなってしまうので、
できるだけ言葉を選んで記事を書いて行きたいですね。



■コードを編集・改造している

アドセンスのコードは必ず生成されたままの状態で使わないといけません。

改行をすることも表示されない原因になるほどなので、
アドセンス広告はそのままの状態で貼るようにしましょう。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ