2017
1
18
タブレットを携帯型デュアルモニタへ!TwomonUSBの設定と接続


アフィリエイトや電脳せどりなどのネットビジネス、トレーダーやWebデザイナーなど、現在はフリーランスとして場所に縛られず仕事をされる方が本当に増えました。

ノートPC1台持てば喫茶店でもホテルでも仕事ができますが、ノートPC1つの画面だと不便に感じる方もいると思います。


僕自身、自宅ではデスクトップパソコンでデュアルモニタを利用していますが、外出の際はどうしてもノートPCの一画面のみになってしまうことにやり辛さを感じていました。

携帯型のモニターを持ち運んだこともあるのですが、あれ意外に重い上に、給電式USB(要はコンセントが無いと使えない)ものもあって、あまり便利とは言えなかったんですよね。


そこで、タブレットをデュアルモニタ化する方法に目をつけました。

タブレットが余っている方など少しの設定とアプリ導入だけでデュアルモニタ化できますし、ノートPCも2画面にしてみたいという方はぜひ参考にしてみてください。


アプリでタブレットのデュアルモニタ化


タブレットをディスプレイとして使用したいという方は、タブレット側にアプリを、PC側にソフトをインストールすることになります。


具体的には

TwomonUSB
TwomonAir

というアプリですね。


この2つはどちらもデュアルモニタ化するためのアプリなのですが、TwomonUSBは無線wifiによる接続、TwomonAirはUSBケーブルでの接続になります。


「ケーブル繋がなくていいなら、TwomonAirの方が楽じゃない?」


僕も最初はそう思いました。

でも、TwomonAirもTwomonUSBもどちらが良いとは言えず、ご自身の作業環境などによって使い分けていくことがベストになります。

そこで、TwomonAirもTwomonUSBはそれぞれどんな特徴やメリット・デメリットがあるのかをお話していきますね。


TwomonAirもTwomonUSBの特徴


まずケーブル不要でデュアルモニタ化できるTwomonAir。

一見楽なように思えますが、そもそもwifiなど無線LANが飛んでいる環境でなければ、タブレットをデュアルモニタ化することができない事になります。

また、無線LANが飛んでいても電波が悪かったり、単純にタイムラグが起きる可能性があるので、TwomonAirの場合どこでもバッチリ使用できるわけではありません。


その反対にTwomonUSB。

こちらはUSBケーブルでタブレットとPCを直接繋がなければいけないので、TwomonAirに比べるとデュアルモニタ化するまで毎回少しだけ面倒でもあります。

ただTwomonAirと違い無線インターネット環境に影響されることがなく、日本中どこでも、世界中どこでも同じようにサブモニタを利用して作業することが可能です。


なので

・ネット環境のない喫茶店などがメインならTwomonUSB

・ホテルなどネット環境がある場所メインならTwomonAir

という使い分けですね。


TwomonAirとTwomonUSBの設定と導入


サブディスプレイ側(タブレット)の設定



まずはTwomonAirとTwomonUSBのどちらかのアプリをインストールしましょう。

ちなみにこれはandroidだけなのか分かりませんが、一度アプリを購入して使えないと思ったら、払い戻しして返金してもらうことが可能です。

androidの場合

・購入から2時間以内
・そのアプリ初の払い戻し

という条件を満たせば払い戻してもらえるので、TwomonAirとTwomonUSBのどちらが良いか悩みすぎなくても、まず試してみるという選択肢を取ることができます。

ちなみに僕の場合TwomonAirを最初に試したのですが、うまく行かなかったのでTwomonUSBのアプリを購入して利用しています。


PC側の設定


Twomonのソフトをパソコンにインストールします。

>>
>>

TwomonAirとTwomonUSBそれぞれ自分の使いたい方のURLに飛んで、macとwindows自分が利用しているパソコンのOSを選択しましょう。

するとインストーラーがダウンロードされるので、あとはソフトをインストールすればパソコン側の設定は完了です。


TwomonAirもしくはTwomonUSBを起動する


ここまで来たら実際にタブレットをデュアルモニタ化していきましょう。

まずPCとタブレットともにTwomonソフトを起動します。


このときTwomonUSBを使用される場合はUSBケーブルでタブレットとPCを接続すれば、そのままデュアルモニタ化することが可能です。



※TwomonUSBを入れて接続しようとしても上手く行かない事例もあるようです。その場合はTwomonAirも試してみると良いかもしれません。


そしてTwomonAirの場合。

こちらはタブレットとPC側でTwomonソフトを起動した時点で、正常に接続されていれば下記のように接続できるタブレット端末が検出されます。



ちなみにこのときにタブレットが検出されないことがあるので、考えられる対策を次に少しだけ書いておきますね。



TwomonAirが接続できない場合


TwomonAirの場合うまく検出されず接続できないことがあります。



ちなみに僕の場合は

普段使っているコワーキングスペースの無線LAN:接続できない
携帯テザリングの電波:接続成功

という結果でした。


なので環境によってTwomonAirは接続できるときと接続できないときがありますから、一度他のネット環境での接続を試してみると良いかもしれません。

またファイアウォールによって検出が上手く行かないパターンもあるようなので、接続できない方はファイアウォールを一時的に無効化してみることをオススメします。


やはりネット環境依存だとデュアルモニタ化できない時も必ず出てくるので、そう考えるとケーブル有りでもTwomonUSBの方が安心安全な印象ですね。



まとめ


デュアルモニタがあると本当に便利です。

ブログの記事を書くときは投稿画面を開きつつ他の情報源を開きっぱなしにできますし、株やツイッター、動画をを見ながら他の作業をするなんてこともできます。

なので使用していないタブレットが余っているという方、もしくは手軽なサイズで携帯用モニターがほしいという方は、ぜひTwomonUSBやTwomonAirを試してみてください。

世界を自由に飛び回りながら生きてみませんか?

サブコンテンツ
特商法

このページの先頭へ